徒然女子

美しいものが好きな20代女が気になったことについて書いてます

自立した女性 ココ・シャネル

世界的に有名な高級ブランド"CHANEL"の創設者ココ・シャネル(ちなみにココは愛称であり、本名はガブリエル・シャネルです)。


ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)


私はココ・シャネルが好きです。好きというか尊敬、リスペクトしてます。


彼女は意志が強い女性でした。

シャネルが世に送り出したリトルブラックドレス、ジャージー素材の服、イミテーションジュエリーなどは全て当時流行っていた服とは違ったものでした。なぜでしょうか?それはシャネルの美学から離れていたからでした。時代の主流でも美しくないと感じたものはばっさり切り捨てます。すぐに移り変わりものよりも自分のセンスを信じ、貫き、認められました。

また、シャネルは戦争の影響もあり一時モード界を離れました。そして十数年もの時を経てカムバックします。この時もすぐには評価されませんでしたが、最終的には受け入れられました。

凄いですよね。周りからの批判や心無い中傷に負けずに良いものを作り続けるのは相当な情熱がないと無理だと思います。シャネルの場合は憎悪の気持ちが原動力になっていたと思われますが(笑)、自分を信じてきちんと結果を出す人ってかっこいいです。


シャネルは仕事だけでなく、恋愛も全力で楽しんでいました。将校や実業家や貴族など、多くの男性(しかも大物ばかり!)と交際しました。その交際相手から影響を受けて生み出されたものもありました。良い恋愛をしていると仕事も上手くいくんですね。相手から刺激を受け自分を向上していくところが、数々の大物達を魅力したのではないでしょうか。


シャネルはまるで現代のタフなキャリアウーマンです。仕事と恋愛、どちらか1つではなく両方とも大切にした人生でした。きっと私達のように将来に焦ったり、不安になったり、寂しくなったりした時もあったと思います。突き抜けて才能があったが故に孤独を感じていたと思います。それでも最後まで自分の信念を曲げなかった彼女は素晴らしいです。


私はCHANELのリップスティックを愛用しています。唇にのせると、ココシャネルのように自分で人生を切り開いていけるパワーをもらえる気がします。そういえばあと残り少しだったなぁ〜そろそろ新しいもの買いに行こうと思います。