徒然女子

美しいものが好きな20代女が気になったことについて書いてます

若かりし加賀まりこさんがかわいい映画「月曜日のユカ」

先日クイズバラエティーに加賀まりこさんが出演したのを見ました。

結構正解されていて大活躍でした〜。

アンケートの上位9位を当てるクイズで、MCに振られて「私は◯◯だと思う。人々はわからないけど。」と名言も出ました笑



しっかし驚いたのは年齢です。

なんと御歳75歳!もっと若く見えました。


今も美しいですが、若い頃の加賀さんの美しさが凄いです。


月曜日のユカ オリジナル・サウンドトラック [Analog]

月曜日のユカ オリジナル・サウンドトラック [Analog]


小悪魔的な色気があり、和製ブリジット・バルドーと称されました。

今よりもかわいい感じですね。くりくりな大きな目と相まって子猫みたいです。

この写真、確か何年か前の雑誌の表紙に使用されて「あの美女は誰だ?」って話題になりました。

半世紀経っても男性を魅了するとは・・・



加賀さんが若い頃出演された映画の1つが

「月曜日のユカ」


日活100周年邦画クラシック GREAT20 月曜日のユカ HDリマスター版 [DVD]

日活100周年邦画クラシック GREAT20 月曜日のユカ HDリマスター版 [DVD]


1964年に公開された映画です。

初めて見た時、日本の映画っぽくないなと感じました。

気だるげな雰囲気&ちょっとブラックなストーリーがフランス映画みたいです。



加賀さん演じるユカは飄々とした女の子で、それこそ猫のようです。

初老のパパ(パトロン)がいるが同年代の彼氏?もいる、キスはさせないけど誰とでも寝る。

一見矛盾していますが、ユカは世の男性を喜ばせたい一心で行動しています。まっすぐ過ぎる程ピュアな女の子なんです。


無邪気で素直なユカですが、ある出来事をきっかけに今までのユカとは変わります。

心情を表現するセリフこそ言いはしませんが、うぶな女の子からしたたかな大人の女性への変化を感じます。



この映画の必見ポイントはなんといっても加賀まりこさんのコケティッシュなかわいさです!


60's っぽいドーリーなヘアメイクは今見ても素敵です。

厚めバンクとがっつりアイメイクが目を強調させ、更に大きく見えます。

派手めなヘアメイクなのにどこかか弱げで危なっかしい印象を受けます。

ファッションもかわいいですよね。

ユカのイメージぴったりな、沢山のフレンチガーリーなお洋服を着こなしてます。



この映画はモノクロですが、カラーでも見てみたいです。

いや、モノクロの方が味が出ていいかもしれませんね。


日曜日もしくは月曜日の夜にまったりしながら見たい映画でした。