徒然女子

美しいものが好きな20代女が気になったことについて書いてます

まっすぐ過ぎる純粋さが胸を締め付ける映画「華麗なるギャツビー」

前から見てみたいな〜と思っていた映画

華麗なるギャツビー


華麗なるギャツビー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

華麗なるギャツビー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]


こちらは2013年に公開されたレオナルド・ディカプリオ主演の映画です。


映画は2013年以前に何度も制作され、舞台化もされている人気作品です。


見よう見ようと思っていましたがなかなか腰が上がらず、6年経ってようやく見ました〜!笑




原作は1925年に発表された小説「グレード・ギャツビー」です。


グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

  • 作者: スコットフィッツジェラルド,Francis Scott Fitzgerald,村上春樹
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 23人 クリック: 170回
  • この商品を含むブログ (482件) を見る


アメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドの代表作で、アメリカ文学を代表する作品の1つと言われています。


アーネスト・ヘミングウェイやJ・D・サリンジャーなど著名な作家へも影響を与えました。


日本語訳を手がけた村上春樹は、自身が最も影響を受けた作品として挙げています。


また、ワックス等で有名なマンダムの「ギャツビー」はこの作品が由来になっています。


美容業界にまで影響力があるとは!驚きですね。




名作「華麗なるギャツビー」は20年代のアメリカが舞台です。


NY郊外のロング・アイランドに引っ越してきた主人公は隣の大豪邸の主人・ギャツビーからパーティの招待状が届きます。


ギャツビーが夜な夜な開くパーティは非常に派手で、たくさんの人々が参加しています。


ですが参加する人のほとんどはギャツビーのことを知りません。


そもそも招待状なんかもらってなく、勝手に押しかけてきています笑


ギャツビーとは何者なのか?何のためにパーティを開催しているのか?


登場人物たちの思惑が絡まりながら謎が解き明かされていきます。




主人公が過去を振り返る形でストーリーが進んでいきます。


第3者の視点からの説明を兼ねた客観的なナレーションは分かりやすく、物語の世界観に入りやすかったです。




映像も世界観を創造するのに一役買っています。


20年代アメリカの光景やファッションが生き生きと映されていて惹きつけられます。


今のアメリカの面影を感じつつ、自然に囲まれたどこかのんびりとした雰囲気があります。


レトロかわいいファッションも素敵ですね!


普段着のラフさはこれぞアメカジって感じで、パーティでのきらびやかなドレスアップは勢いのある20年代を象徴しています。


ファッションは時代情勢を反映していますね。学問的な目線でファッションを見るのも面白いです。




それと同時に、人種差別や経済格差を突きつけられます。


当時と比べて良い方向に変わってはきているものの、未だに課題として取り上げられています。


およそ100年経っているにも関わらずまだ問題解決には至っていません。なんだか悲しくなりますね。


どれほど根深くて難しい問題なのか実感します。




そしてなんと言っても、ギャツビーのひたむきな愛に心を動かされました。


一見派手好きなお金持ちに見えるのですが、実際は少年のような繊細な心を持っている男性です。


ギャツビーが5年間想い続けている女性と再会するシーンがあるのですが、落ち着くことが出来ずそわそわしてしまいます。


初めて恋をした男の子のようでかわいいなぁと思いました。


女の人はいくつになっても恋をすると乙女になると言いますが、男性も同じですね。




どんなに成功を収めて豪華な生活を送れていても、たった1人の女性に気持ちを伝えられないことがギャツビーに空虚感を与えます。


いつか一緒暮らせたら・・・ギャツビーの夢はささやかなことかもしれませんが、その夢が実現するには沢山のものを犠牲にすることになります。


それでも一生懸命好きな女性のために尽力する姿にどこか切なさを感じます。


ギャツビーのピュアな気持ちが報われて欲しいと思いましたが、残念ながらハッピーエンドでは終わりませんでした。




豪華な衣装やセットに目が行きがちですが、大人の男性の不器用なひたむきさに感動しました。


戦争が絶えなかった20世紀、世間が求めたのはこのような作品だったのかなと思います。


現代もたくさんの不正が見つかるなど、人間の汚い面ばかり目に付きます。


ちょっと人間関係に疲れた人に、この映画を見て欲しいです。


そして人間の良いところを確認して欲しいなと思います。