徒然女子

美しいものが好きな20代女が気になったことについて書いてます

雨の日に見たいミュージカル映画「シェルブールの雨傘」

暑い日もありますが、すっかり梅雨の季節になりましたね。


雨が降ると外に出たくなくなります笑


そんな雨の日に見て欲しい映画がこちらっ

シェルブールの雨傘


シェルブールの雨傘 [Blu-ray]

シェルブールの雨傘 [Blu-ray]


1964年に公開されたフランス映画です。


ジャック・ドュミ監督作品で音楽をミシェル・ルグランが担当し、主演をカトリーヌ・ドヌーヴが務めました。


私が好きな映画「ロシュフォールの恋人たち」もこのトリオの作品ですっ。


ロシュフォールの恋人たち [Blu-ray]

ロシュフォールの恋人たち [Blu-ray]




「シェルブールの雨傘」は1954年から1962年にかけて行われたアルジェリア戦争真っ只中のフランスの港町・シェルブールが舞台です。


20歳の自動車整備士ギイ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)と17歳のジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は恋人で、結婚を誓い合っていました。


ジュヌヴィエーヴの母エムリ夫人はお互い若過ぎると結婚に反対していますが、2人は意思を変えるつもりはありません。




そんなある日、ギイに召集令状が届きました。


ギイは2年間兵役を務めることになります。


2年も離れ離れになるなんて・・・


悲しみながらもジュヌヴィエーヴはギイを見送ります。


その後怪我のため除隊となり、ギイはシェルブールに帰ってきました。


ジュヌヴィエーヴの元を訪れようとしましたが、そこには彼女はいませんでした。




今作は一切セリフなしで終始歌のみの、完全なるミュージカル映画です!


ルグランさんの音楽も好評を受け、主題歌は世界中でヒットしました。


雨を彷彿させるゆったりとした品のあるメロディですよね。


ほろ苦いエンディングを予言しているかのように、どこか悲しさも感じます。


響きが美しいフランス語との相性もいいですね。


シェルブールの雨傘 オリジナル・サウンドトラック

シェルブールの雨傘 オリジナル・サウンドトラック




それからパステルカラーをふんだんに使用したファッションや小物・セットが素敵です♡


エムリ夫人が経営する雨傘屋さんにはかわいいがこれでもかってほど詰まっています。


カラフルでおしゃれな傘がたくさん並んでいて、部屋の壁紙もガーリーです。


雨で外が暗いから、屋内ではパッと気分が晴れる色を取り入れたくなりますねっ!


こんなお店があったら思わず入りたくなります。




ジュヌヴィエーヴのファッションは上品なお嬢さんっぽくて、ドヌーヴの気品や美しさを引き立ててます。


今でも取り上げられる程ガーリー好きから支持されてます。


普段から着れそうなコーディネートで真似したくなりますよね〜


間違いなくこの映画の人気を支えています。





戦争によって引き裂かれた男女の恋愛を美しくも切なく描いた映画でした。